トップ «前の日(08-24) 最新 次の日(08-26)» 追記

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|08|
2018|01|03|06|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2004-08-25 今日も起きられなかった...

_ [linux] ライブラリの「undefined reference」

bmpをビルドしようとして、またリンクの際に「undefined reference」のエラーが起きた。他の時にもよく起きるんだけれども、解決法がいまいちわからない。以下はbmpのビルド中に出てきたエラーログ。

gcc -g -O2 -Wall -Wpointer-arith -finline-functions -ffast-math -funroll-all-loops -o .libs/beep beep-skin.o 
beep-util.o beep-output.o beep-fft.o beep-input.o beep-effect.o beep-general.o beep-visualization.o beep-fullscreen.o 
beep-pluginenum.o beep-playlist.o beep-controlsocket.o beep-dock.o beep-widget.o beep-sbutton.o beep-pbutton.o beep-tbutton.o 
beep-textbox.o beep-menurow.o beep-hslider.o beep-monostereo.o beep-vis.o beep-svis.o beep-number.o beep-playback.o beep-playstatus.o
 beep-playlist_list.o beep-playlist_slider.o beep-playlist_popup.o beep-eq_graph.o beep-eq_slider.o beep-main.o beep-logger.o 
beep-xml_document.o beep-mainwin.o beep-skinwin.o beep-prefswin.o beep-playlistwin.o beep-equalizer.o 
beep-glade.o beep-hints.o beep-about.o beep-softvolume.o beep-getopt.o beep-getopt1.o beep-urldecode.o beep-mkdtemp.o beep-iir.o 
-Wl,--export-dynamic -pthread -Wl,--export-dynamic -Wl,--export-dynamic  -L/usr/X11R6/lib64 -lSM -lICE 
-L/usr/local/lib64 -L/usr/lib64 -L/opt/gnome/lib64 /opt/gnome/lib64/libglade-2.0.so 
/opt/gnome/lib64/libgtk-x11-2.0.so /opt/gnome/lib64/libgdk-x11-2.0.so /opt/gnome/lib64/libatk-1.0.so 
/opt/gnome/lib64/libgdk_pixbuf-2.0.so /opt/gnome/lib64/libpangoxft-1.0.so /opt/gnome/lib64/libpangox-1.0.so 
/opt/gnome/lib64/libpango-1.0.so /opt/gnome/lib64/libgobject-2.0.so /opt/gnome/lib64/libgmodule-2.0.so 
/opt/gnome/lib64/libglib-2.0.so /usr/lib64/libxml2.so -lz ../libbeep/.libs/libbeep.so 
/usr/local/lib64/libgtk-x11-2.0.so /usr/local/lib64/libgdk-x11-2.0.so -lXrandr -lXi -lXinerama -lXext 
/usr/local/lib64/libatk-1.0.so /usr/local/lib64/libgdk_pixbuf-2.0.so -lm /usr/local/lib64/libpangoxft-1.0.so 
/usr/local/lib64/libpangoft2-1.0.so -lXft -lXrender /usr/lib64/libfontconfig.so /usr/lib64/libexpat.so 
/usr/lib64/libfreetype.so /usr/local/lib64/libpangox-1.0.so -lX11 /usr/local/lib64/libgthread-2.0.so -lpthread 
/usr/local/lib64/libpango-1.0.so /usr/local/lib64/libgobject-2.0.so /usr/local/lib64/libgmodule-2.0.so -ldl 
/usr/local/lib64/libglib-2.0.so ../intl/libintl.a -Wl,--rpath -Wl,/opt/gnome/lib64 -Wl,--rpath 
-Wl,/usr/local/lib64
beep-skin.o(.text+0x2e6f): In function `skin_load_nolock':
/home/wataru/tmp/bmp-0.9.7rc2/beep/skin.c:699: undefined reference to `gdk_cursor_new_from_pixbuf'
beep-skin.o(.text+0x2ea0):/home/wataru/tmp/bmp-0.9.7rc2/beep/skin.c:699: undefined reference to `gdk_cursor_new_from_pixbuf'
beep-util.o(.text+0x276): In function `make_filebrowser':
/home/wataru/tmp/bmp-0.9.7rc2/beep/util.c:1346: undefined reference to `gtk_file_chooser_dialog_new
...(中略)...
/home/wataru/tmp/bmp-0.9.7rc2/beep/equalizer.c:1229: undefined reference to `gtk_file_chooser_get_filename'
beep-glade.o(.text+0x347): In function `glade_xml_new_or_die':
/home/wataru/tmp/bmp-0.9.7rc2/beep/glade.c:31: undefined reference to `gtk_message_dialog_new_with_markup'
/usr/local/lib64/libpangoft2-1.0.so: undefined reference to `g_type_instance_get_private'
/usr/local/lib64/libpangoft2-1.0.so: undefined reference to `g_type_class_add_private'
/usr/local/lib64/libgthread-2.0.so: undefined reference to `g_thread_init_glib'
collect2: ld returned 1 exit status

ライブラリの依存関係を調べるときに使うコマンドは「ldd」、ライブラリのファイルを調べると以下のような形で依存関係がわかる。各ファイルにどんな名前の関数があるか調べる場合に使うコマンドは「nm」、詳しくはman nmで見れば問題無し。

で、既存のライブラリに対してundefined referenceて言われるってことは、ライブラリの依存関係が解消されていない場合だと思います。調べ方はたぶん、nmで任意の関数がどのファイルにあるかを調べる。例えば以下はg_type_instance_get_privateがどのファイルにあるかを調べる。コマンド行の下は家の環境でのその出力です。

%nm -o /usr/local/lib64/*.so | grep g_type_instance_get_private
libgobject-2.0.so:0000000000021720 T g_type_instance_get_private
libgtk-x11-2.0.so:                 U g_type_instance_get_private
libpangoft2-1.0.so:                 U g_type_instance_get_private

"U"の場合、そこでは定義されていないから、lddを使って依存関係を掘り下げながら定義されているを見付ける。もし見付けられなければ「undefined reference」ということになる。

んが、今回それはなかった。というわけで、多分、/opt/gnome/lib64に入っているgtk+2.2関係のライブラリと/usr/local/lib64に入っているgtk+2.4関係のライブラリが両方とも指定されているせいじゃないかと思う。っていうかgtk周りでばっかりコレが起きてるんだから、それしかなかろう...。

でも全てのgtkアプリで起きている訳じゃない、たまたまライブラリの関数を使っていなかったからなのか、そもそもライブラリのビルド過程に問題があったのか、ていうか問題の起きた関数を使って自分でプログラム組んでみりゃええがな。後はMakefileいじってみるか。そうすりゃ他になんかわかるやろう。

じゃなんでnmやらlddの話を書いたかっていうと、単に備忘録のためだったり...。大体、lddはともかくnmなんてコマンド覚えてられないよ。下のトピックは今回参考にしたリンク。nmが思い出せなくてえらい時間がかかった。

_ [link] nmとlddの使いかたリンク

ライブラリの「undefined reference」を調べるため参考にしたリンク。

_ [developerworks] -fPICについて

nmやらlddやら共有オブジェクトについて調べてる時に見付けたのでリンク。-fPICオプションについて正直よく知らなかった(ぇー。


2005-08-25 給料日〜

_ [book] 買った漫画

となりのメガネ君。 2巻

後、今月号のLaLaを購入。おまけの小林君が最終回、やっとこさすっきり、良い作品だったな、ほんとに。樋野まつりのヴァンパイア騎士はまだよれていない、でも話が全然進んでいない、ここで停滞されるのはちょっと微妙だなぁ。遥かなる時のなかでは今月はおやすみで、遥か3のプロローグ漫画がやっていたけど、3は兄弟どんぶりか(ぇ、そういう状況大好き。

今月のLaLaはペンケースの付録がついてきたおかげでかさばってしょうがなかった。少女漫画の付録ほど使わないモノはないしなぁ。それ以上に、スーツ姿でLaLaを読んでるのはそんなにおかしいかーっ!?回りの人の視線がなんか痛かった。自意識過剰?

となりのメガネ君は、前巻で完結していたと思ったらなぜか続行していたのね。とはいえ、相変わらずまったりまったり、ただちょっとマンネリ気味だったなぁ、弟君の話はちょっと足りない感じだし、両親の話になるとどうしても切ない思い出として読んでしまうので、正直辛い。脇のキャラがいいだけに、そっちをもっと深くやって欲しかった。