トップ «前の日記(2004-11-06) 最新 次の日記(2004-11-08)» 編集

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|08|
2018|01|03|06|
2019|05|07|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2004-11-07 どうすれば良いんだか... [長年日記]

_ [link] 良く似た二つ

マリネとカルパッチョの違い。どちらも生の食材にドレッシングをかけたサラダだと思う。カルパッチョは赤い食材(肉、トマト)を使い、ドレッシングにレモン汁を加えた物でしょう。

パニエとペチコートの違い。パニエは裾にレースが施された下着(でいいのかな?)でしょう。ペチコートはスカートを広げることを目的とした下着で、パニエのように裾に特に何かつけるわけではなく、裾がはみだすかどうかは問題では無いと思います。

項目名のようなネタがしたいから挙げたのではなく、今日ふと疑問に思ったことがたまたま似ていただけなのよ〜。

_ [life][writing] 1月の偶然

結局、再び欝日記になっていきそうな感じなんですが、ふと、今年の1月のサンクリの帰りに同席になったじいさんから聞いた話を思い出したので、その時のメモをこっちにも書いておくことにしました。

  • 逆境を前向きに捉える。自分は今まで11個の癌を消してきた。いつも”来るならどうぞ”ぐらいの気持ちで”わくわく”しながら迎えてきた。
  • 健康は大切。肉は好きだけど食べない、野菜や魚ばかり。
  • 良い医者はよく勉強する、よく働く。そして旧態依然とした考えを信用しない、とらわれない。また若い。
  • ”偉い人”を多く見てきたが、人には人に合った器がある。自分の器以上に偉くなると自分を見失う。
  • 自分が何に合っていて、何が合っていないか見極め、未練を持たずに見限る事が大切。自分に適したものの中でどう生かせるか考える。
  • 適正を見極めるためにも若いうちにいろんな事をやってみる、一つの事をやりとおし、その上で合っているかどうか考える。たとえ合っていなくてもやり通したことは何かの役に立つ。
  • 器用貧乏は良くない。器用貧乏は何事も”中途半端”にしかできない。何をするにしてもやり通すこと。
  • 当然何が合っているかは迷う。だから色んな事をやり通してみる。
  • 自分に合ってると思えば、それを自分だけの”専門”へと高める。そして、それを生かす方法を考える。
  • 自分に合った地位、分野で仕事をするのが一番穏やかに生活できる。
  • お金の問題を考えると地位、分野を変えないといけなくなると思うが、自分が合うと考えてる地位、分野の中でどうにかできないか考える。
  • 若いうち(30歳辺り)に勉強したことはいつまでも忘れない。だから、若いうちに集中して勉強した事がその人の財産となる。
  • 世の中にはまだまだわからないもの、実現されていないもの、できないものがあふれている。そういうものを知るために文献を調べる。調べる過程で自分がやってみようと思うものがあるかもしれない。
  • 科学・技術の文献を調べるにはまずアメリカの文献から漁ってみるのが一番だ。

特に記憶に残っているのが、よく喋るそのバイタリティと、「自分の適性ってわかんないですね」と聞いたときに「そりゃわからないよ」と当然のように言われた事。

しかしこのお爺さん、見ず知らずの者によくこんな話をしてくれたなぁと思う。