トップ «前の日記(2005-03-20) 最新 次の日記(2005-03-22)» 編集

AOISAKURA 日記

2003|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|04|05|06|07|08|09|12|
2013|02|03|05|06|08|09|10|11|
2015|11|
2016|12|
2017|03|08|
2018|01|03|06|
2019|05|07|

pixiv / twitter

※発信する情報は、個人の見解・意見であり、所属する会社の見解・意見ではありません。


2005-03-21 引っ越し準備中 [長年日記]

_ [computer] 引っ越し作業中

引っ越し作業中

昨日の夜からサーバーの引っ越し作業、そろそろ終わり。

と思ったら、終わらない(泣

やっと、終わった。結局一番大変だったのはデータの移動だった。

_ [server] courier-imap

今回のサーバー移行では最新のcourier-imapに移行。前回のサーバー構築時はcourier-imap 3.xの設定等がうまくいかず、2.xでIMAPサーバーを作ったので、リベンジをかねて、最新版を使うことにしました。

4.xから認証を担当する部分がcourier-authlibへ分離し、今まで、courier-imapのconfigure時に認証方法を指定していたのをこのcourier-authlibをビルドする際に指定する。courier-authlibのビルド方法は以下の通り。

% ./configure --prefix=/usr/local --with-authpwd 
--with-authshadow --without-authcustom --without-authcram
% make
% su -c "make install && make migrate && make install-configure"

/usr/local/etc/authlib/authdaemonrcのauthmodulelist行をauthmodulelist="authshadow"に変更します。変更前に""内にある認証方法が選択できる方法です。

/usr/local/libexec/courier-authlib/authdaemonが認証を司ります。起動時にこのデーモンをstartさせるバッチを別に書きます。デーモンを直接rc.dとかにリンクを張ると起動時に怒られます。

この後、courier-imapをビルドします。

% ./configure --prefix=/usr/local --without-ipv6
% make
% su -c "make install && make install-configure"
% su -c "ln -s /usr/local/libexec/imapd.rc /etc/rc.d/rc3.d/S51imapd"

/usr/local/etc/imapdのADDRESS行を編集し、ホストのIPアドレスを設定します。

authdaemonを起動させず、IMAPサービスを利用しようとすると、パスワードは聞いてきますが、その先の認証ができず、エラーが返ってきます。この時サーバーのログには「s_connect() faild: No such file or directory」とか、「Connection Refused」等のメッセージが記録されると思います。

_ [linux] ntpで時刻合わせ

上のサイトに書いてある通り。